肌の保湿とやわらかさ

肌荒れを防ぐには肌を乾燥させないことで、それは保湿が基本となります。肌の保湿とは、肌に水分を与えることではなく水分を保つことです。保湿成分を与えることによって乾燥しにくい肌へ改善することが保湿の目的です。乾燥しにくい肌、つまり保水力のある肌になれば、空気が乾燥しても肌は乾燥しにくくなります。

肌保湿成分として、セラミドヒアルロン酸などが挙げられます。

保湿成分は化粧水には殆ど含有されておらず、美容液やクリームに多く含有されていますので、これらで肌の保水力を高めていきましょう。

肌が乾燥すると、肌は硬くなっていきます。角質のバリア機能が低下してしまい、外からの刺激から肌を守ろうして角質が厚くなってしまうからです。肌は角質層を厚くしたいため、急いで角質を生成しようとするので未熟な角質細胞が出来てしまうのです。

順序としては以下のような感じです。

1.肌が乾燥する。
2.角質のバリア機能が低下。
3.外からの刺激から肌を守ろうとして角質を厚くし、肌が固くなる。
4.急いで角質細胞を生成するため、未熟な角質細胞が出来る。
5.未熟な角質層ばかりが厚くなる。


肌が乾燥するたびに上記のような悪循環となり、どんどん皮膚は厚く硬くなってしまいます。

対策としては、まず保湿です。セラミドやヒアルロン酸など保湿成分をしっかり与えて肌の保水力を取り戻しましょう。厚くなりすぎた角質層はピーリングで少し取りのぞくのも効果的です。

市販のピーリング剤を使うなら、ピーリング石鹸が比較的肌には刺激が少ないようです。
posted by hadakun at 00:01 | 対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。