肌荒れと乾燥

肌荒れがおきる主な原因と言われているのが乾燥です。肌荒れと乾燥の関係について考えてみましょう。

肌荒れのなかでも乾燥肌で悩んでいらっしゃる方は多いと思います。季節で見ると秋から冬、春先にかけての季節の変わり目に、乾燥による肌荒れで体が痒くなるということがあります。

乾燥肌は体の水分蒸発を防いでいる角質層の衰えや、角質層を保護している皮脂膜の分泌が減ることで肌が乾燥し、体全体の水分量が低下することによって起こるのです。

体の水分量は一般的には20〜25歳位までがピークといわれていて、その後は減少していき新陳代謝の衰えがあらわれてきます。そのため、毎日しっかりと保湿ケアをしないと肌の水分バランスが壊れ、カサカサになってしてしまい、中にはアトピー性皮膚炎になってしまう場合もあります。

肌の乾燥が見受けられる方は、保湿効果の高い化粧品や洗顔料を使うように心がけましょう。

また、最近の家は機密性も高く、エアコンが効いている室内は空気が乾きます。そのため湿度をコントロールしないと肌が乾燥しがちになります。

室内は50〜60%の湿度が最適だといわれていますが、人間の肌には若干高めの60〜65%が良い状態なのです。したがって、できれば加湿器などを用いて60%を維持するようにしたいものです。

水で濡らして絞ったタオルを室内にかけておくだけでも湿度をアップさせる効果があるので、これで調整するのも良いでしょう。

室内の乾燥は特に冬場が要注意です。肌荒れを防ぐ為にも是非肌に良い状態の湿度を保つようにすることが大切になります。
posted by hadakun at 23:40 | 対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。