肌荒れとセラミド

肌の保湿成分としてよく知られているのが「セラミド」という成分です。このセラミドは肌荒れや乾燥肌対策には、欠かさないものの一つなので是非知っておきましょう。

セラミドはもともと人の肌に存在しているものです。このセラミドを肌から奪ってしまうと、肌の水分量はおよそ80%も低下してしまうと言われています。

その数字を見ると肌の水分を維持する為にはセラミドは非常に重要なものと理解できます。

セラミド」は水には溶けない成分です。しかし、水と結合して「ラメラ構造」と言われる構造をつくるのです。ラメラ構造とは、セラミドなど角質細胞間脂質が、サンドイッチのように水分をはさみこんで角質層の水分を閉じ込めてくれる構造です。

このラメラ構造の水分は、空気中の湿度が0%になったとしても蒸発することはありません。強力な保湿力を持っています。したがって、肌の中にセラミドが十分存在すれば、空気が乾燥する冬の季節でも、肌は乾燥しないのです。

セラミドを含んだ美容液を使用していても肌が乾燥してしまうという場合、その原因は美容液のセラミド配合量が少ないことや油分不足などが考えられます。

年齢が40代を過ぎると、肌の水分量だけでなく油分も低下します。じょうずなスキンケアとして、美容液の上からクリームを重ねて使用すると良いようです。

スキンケアの方法の一つとしてピーリングがありますが、ピーリングでターンオーバーを高めていくと、セラミドは少しずつ増えていくと言われています。ただしピーリングは、効果の個人差もあるので慎重に行う必要があります。
posted by hadakun at 11:52 | スキンケア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。