肌荒れと化粧品

化粧品が肌荒れの主な要因となっていることはご存知のとおりです。女性にとって毎日のお化粧は欠かせないわけですが、化粧品がはだあれとどう関係しているのか知っておきましょう。

女性の使う化粧品には、化粧水、洗顔料、保湿クリーム、メイク用品などがあります。これらの化粧品のほとんどには「合成界面活性剤」というものが使われています。合成界面活性剤とは、石油が原料となっているもので、水と脂を混ぜ合わせて乳状にしたり、脂汚れを分解し汚れを落とす効果があります。しかし、この物質は皮膚にあまり良い影響を与えないのです。

特に洗顔料は注意が必要です。洗浄性は高いですが、自然なものではないので皮膚に刺激を与えやすくなります。皮膚がもともと持っているバリア機能を破壊してしまうのです。これは当然肌荒れの原因になります。また、シミやしわの原因にもなります。

洗顔の目的はホコリや雑菌、余分な皮脂や古い角質などを洗い流し、清潔な肌に戻すことですが、洗顔料やメイク落としを使いすぎたりするのは、肌荒れの原因となってしまうのです。濃いメイクをしている場合、クレンジングと洗顔料のダブル洗顔をしますが、下地クリームにファンデーションくらいなら洗顔料だけで十分でしょう。

洗顔剤の使いすぎは、必要な皮脂まで落としてしまうので、皮膚を傷め、肌荒れの原因となります。また、洗い残しがあるとアレルギーの原因ともなります。心がけたいのは、使用する量は控えめにし、使ったらよくすすぎをすることです。それと、メイクが必要なくなったら出来るだけ早めに落とす様にしましょう。
posted by hadakun at 09:34 | スキンケア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。