生活習慣と肌荒れ

生活習慣の乱れは健康はもちろんのこと肌荒れの大きな原因にもなります。生活習慣で注意したいことは食生活、睡眠、喫煙などが上げられますが、それらを改善することで肌荒れを防ぐことができるのです。

では、それぞれを見ていきましょう。

1、まずは食生活です。
食生活の乱れは肌荒れの原因になります。肌荒れだけでなく健康の為にもバランスよくしっかり食べることが大切です。肌荒れを防ぐ為にはビタミンやミネラルをきちんと摂取しましょう。

2、睡眠は肌の状態に影響を与えることは良く知られていますね。
肌の新陳代謝が活発に行われる時間帯は夜10時から深夜2時ごろだといわれています。少なくとも夜12時前には就寝することを心がけたいものです。そして1日6時間から8時間の睡眠が理想です。肌の再生は睡眠中に行われるのです。また、就寝前にはメイクはしっかり落とし、保湿も忘れずしましょう。

3、喫煙は体にとても悪いものです。
ビタミンCは肌にはとても大切な成分ですが、タバコを1本吸うと1日に必要なビタミンCの約半分が失われます。ビタミンCの不足は肌荒れだけでなく、シミやソバカスの原因ともなるのです。

4、規則的なお通じは肌にとってもとても大切です。
排便は体内の毒素や不要物を体外に出す役割があります。便秘になるとこれらが腸内に溜まることになり、腐敗をおこして有害物質が発生するのです。有害物質は血液中に溶け込んで全身に廻ることになります。肌荒れやにきび、吹き出物などの原因の一つになるのです。

以上の様に生活習慣の乱れは肌にとって良いことはひとつもありません。肌荒れにお悩みなら生活習慣の見直しから始めてみてはどうでしょう。
posted by hadakun at 02:03 | 対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。