肌荒れと肌に合わせたスキンケアをしよう

肌荒れに対して、どのようなスキンケアしていけばよいのでしょうか。肌のタイプによってスキンケアの仕方は異なります。

◇乾燥肌
乾燥肌は角質層や皮脂の水分、皮膚のうるおい成分が少なくなっている肌のことで、カサカサがおこりやすい状態です。
乾燥肌は洗顔後、そのままにしておくと肌がつっぱって、乾燥して肌荒れを起こします。乾燥肌の場合、洗顔した後はまず保湿効果の高い化粧水で水分の補給を行い、その後で栄養価のあるクリームを塗ると良いでしょう。

◇脂性肌
脂性肌は水分や皮脂の分泌量が多すぎる肌をいいますが、脂が肌にすぐ浮いてきてテカテカする肌のことです。メイクをした後は頻繁な洗顔ができないので、余分な皮脂はティッシュやあぶら取り紙でまめに除去するようにしましょう。肌が脂っぽいからといって、洗顔後にケアしないで放っておくのは禁物です。さっぱり系の化粧水で水分を補給するのがいいですね。

◇混合肌
混合肌は一番多く見られる肌のタイプです。額、鼻すじのTゾーンは脂性肌で、頬や目のまわり、顔の輪郭部のUゾーンは乾燥肌といったように、乾燥肌と脂性肌が混在している肌の状態です。乾燥するUゾーンには美容液などで水分を補給し、Tゾーンは皮脂腺が活発なので脂性肌と同じスキンケアを行いましょう。

◇敏感肌
敏感肌は外部の刺激、紫外線、乾燥、摩擦などや化粧品などに含まれる成分に敏感に反応してしまう肌の状態をいいます。刺激の少ない天然成分の洗顔料でやさしく洗顔し、化粧水を丁寧になじませます。また、バランスの良い食事と適度な運動、十分な睡眠とを心がけましょう。
posted by hadakun at 12:03 | スキンケア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。