妊娠初期の肌荒れ

女性は妊娠すると体調に変化が起きるのは勿論のこと、精神的にも不安定になる時期なので肌荒れにもなりやすい状態となります。

妊娠初期に起こりやすい肌荒れはどう予防し、改善すればよいでしょうか。

妊娠初期とは1ヶ月〜3ヵ月位までを言いますが、妊娠初期はホルモンの変化がおこりますので、普段は何ともない方も肌荒れする人が多くいるようです。また、肌荒れが生理前におこりやすい人は妊娠中にも肌荒れする傾向が強いと言われています。

妊娠初期の場合の肌荒れ対策としては、普段と同じ下記の様な事に注意しましょう。

1.暴飲暴食は避け、バランスの良い食事を摂る。
2.水分補給をしっかりする。
3.部屋は湿度が50〜60%になるよう加湿する。
4.洗顔料は刺激の少ないものを使用し、化粧水も保湿性の高いものを使う。
5.しっかり睡眠を取る。
6.皮膚科で治療する場合、受診前に妊娠を告げておく。

少しでも肌を正常に保つ為には、規則正しい生活と、栄養のバランスを考えた食事をしましょう。
体の変化から食べ物の好みが変わったり、過食や少食気味になったりする場合もあります。

バランスの良い食事はもちろん赤ちゃんへの栄養に大切ですが、ご自身の体や肌のことも考えて摂る必要があります。また、妊娠しているしていないに関わらず、肌荒れを防ぐには、こまめな洗顔で肌を清潔に保ち、保湿を心がけることも必要です。

但し妊娠中に起きた肌荒れの場合、多くの人は出産後に改善されていくようです。
posted by hadakun at 16:01 | 妊娠と肌荒れ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。