肌荒れとストレス

肌荒れの原因は様々です。中でもストレスは主な原因であるといわれます。肌荒れストレスとの関係について知っておきましょう。

まず、ストレスには、環境的、精神的、社会的な要因があります。

1.環境的な要因
暑い、寒い、不快な騒音、睡眠不足など
2.精神的な要因
怒り、不安、心配、悲しみ、緊張など
3.社会的な要因
職場環境や家庭環境など


ストレスは、体や心に生じるひずみということです。

ストレスの感じ方は人によってそれぞれですが、多くは精神的ストレスで、仕事における人間関係、子育てにおける不安、不満、憤りなどが多いようです。ストレスが長期間続いたりすることで心身が耐えられなくなり、ひずみを生じた結果、ストレス病となります。

ストレス肌荒れの関係はどうでしょう。

人間の肌は外部から刺激を受けますが、体内からも神経性やホルモンの影響を多く受けることから、ストレスが積み重なると肌荒れという症状が現れる事もあります。

人間はストレスがたまると脳の交感神経が興奮し、ストレスホルモンが分泌され、その結果、人体や肌が持っている免疫力が低下するという症状が起きます。

免疫力が低下すると、新陳代謝が活発に行われなくなり、新しい細胞が生まれにくくなります。

本来古い細胞が順に剥がれ落ちていくものが行われなくなったり、皮脂の過剰な分泌や紫外線によるメラニンの増加が促進し、結果肌荒れを起こしてしまうことになるのですね。
posted by hadakun at 01:20 | 原因
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。