肌荒れと生理

女性特有の生理、これは肌荒れに大きく影響しています。

まず、肌荒れに影響のある生理そのもののメカニズムを理解しましょう。

生理とは、女性だけにある妊娠するためのしくみですが、健康な成人女性の場合、女性ホルモンの働きによって、約1ヶ月の周期で排卵と生理がおこります。

女性の肌は月経の周期と関係が深く、この周期でホルモンの状態が変化するため、これが肌荒れの原因となります。

肌荒れと月経周期の状態については以下の通りです。

1.卵胞期(生理後8〜10日間位)
排卵の準備をするホルモンが分泌され子宮内膜が増殖。心も体も快適で、肌荒れなどトラブルもなく安定している時期。

2.排卵期(生理後14〜15日目位)
排卵とは、卵巣の中で成熟した卵胞となった卵が、卵胞壁を破って卵子が飛び出すこと。
排卵後の時期の肌は、皮脂の分泌が多くなり脂っぽくなり、にきびができたり肌荒れを起こしやすい状態になります。

3.黄体期(生理前の10〜12日間位)
妊娠のための準備をするホルモンが分泌され、受精卵の着床を待っている時期。
生理前の不快な症状が出やすくなる時期でもあり、肌荒れやにきびができやすくなります。使い慣れた化粧品でもノリが悪かったり、肌荒れをしたりする場合があります。

4.生理期(約5〜7日間)
妊娠をしなかった場合、子宮内膜が剥がれ落ち、この時、体外へ排出されるのが生理出血。
この時期は、ホルモンの分泌が少なくなり、血行不良になって手足が冷えやすくなります。
posted by hadakun at 00:30 | 原因

にきびも肌荒れのひとつです

肌荒れの中でも「にきび」は馴染みの深いものです。にきびで悩む人も多いですね。

にきびが出来る仕組み
にきびは、脂腺の働きが活発になって毛穴の中に角質や皮脂が詰まり、そこに「アクネ桿菌」などの細菌が発生して炎症を起こし、化膿して出来る症状です。

にきびが出来る原因
1.洗顔
洗顔をし過ぎると必要な皮脂まで洗い流してしまうため顔の表面に皮脂が不足します。体は不足した皮脂を補おうとするので逆に皮脂が活発に分泌され、にきびの原因となります。

2.ホルモンのバランス
思春期ににきびが良く出来ますが、これは男性ホルモンの分泌が増加する為です。男性ホルモンには皮脂腺を活発にさせる作用があり、思春期には男性だけでなく女性にも男性ホルモンの分泌が増加するので、男女ともにきびが出来やすくなります。

3.化粧品
脂分を含んだファンデーションやクリームは毛穴を塞いでしまい、肌荒れを悪化させます。化粧品には化学成分が含まれている場合も多いため、にきびの原因にもなります。

4.ストレス
ストレスがたまるとホルモンのバランスが崩れやすく、皮脂の分泌量が乱れて肌に悪影響となり、にきびや肌荒れの原因となります。

5.便秘
便秘は腸の中に老廃物が長時間溜まる事になり、老廃物が体内に吸収されて肌荒れやにきびの原因になります。

6.食生活
脂分や糖分が多いもの、香辛料が強いもの、そんな食事を取りすぎると肌荒れやにきびが出来やすくなります。また、ビタミンBの不足は肌荒れの原因になり、ビタミンCの不足は肌を保護する機能を損なったりします。
posted by hadakun at 12:56 | 原因

肌荒れとストレス

肌荒れの原因は様々です。中でもストレスは主な原因であるといわれます。肌荒れストレスとの関係について知っておきましょう。

まず、ストレスには、環境的、精神的、社会的な要因があります。

1.環境的な要因
暑い、寒い、不快な騒音、睡眠不足など
2.精神的な要因
怒り、不安、心配、悲しみ、緊張など
3.社会的な要因
職場環境や家庭環境など


ストレスは、体や心に生じるひずみということです。

ストレスの感じ方は人によってそれぞれですが、多くは精神的ストレスで、仕事における人間関係、子育てにおける不安、不満、憤りなどが多いようです。ストレスが長期間続いたりすることで心身が耐えられなくなり、ひずみを生じた結果、ストレス病となります。

ストレス肌荒れの関係はどうでしょう。

人間の肌は外部から刺激を受けますが、体内からも神経性やホルモンの影響を多く受けることから、ストレスが積み重なると肌荒れという症状が現れる事もあります。

人間はストレスがたまると脳の交感神経が興奮し、ストレスホルモンが分泌され、その結果、人体や肌が持っている免疫力が低下するという症状が起きます。

免疫力が低下すると、新陳代謝が活発に行われなくなり、新しい細胞が生まれにくくなります。

本来古い細胞が順に剥がれ落ちていくものが行われなくなったり、皮脂の過剰な分泌や紫外線によるメラニンの増加が促進し、結果肌荒れを起こしてしまうことになるのですね。
posted by hadakun at 01:20 | 原因

肌荒れにはこんなファンデーション

ファンデーションには、リキッドタイプやクリームタイプ、パウダータイプなど色々種類がありますが、肌荒れにはどのタイプを使用するのが良いのでしょうか。

それはパウダータイプのファンデーションです。

水分を吸収してしまう性質があるパウダータイプのファンデーションの粉は、肌が乾燥しやすいのではというイメージがあるかもしれませんが、美容液やクリームなどを使い、保湿をしっかり行えば、特に問題はありません。逆にキッドタイプやクリームタイプのファンデーションの方が肌に対する刺激が強いのです。

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションには、成分として界面活性剤が入っていますし、なんと防腐剤も入っているので、当然肌への刺激が強くなってしまいますよね。

パウダータイプのファンデーションは、基本的に肌に浸透していくことがなく、アレルギーを引き起こしてしまうことも少ないようです。パウダータイプのファンデーションは、肌への刺激が少ないので肌が弱い人や乾燥で肌が敏感になっているときにはおすすめと言う訳ですね。

ファンデーションは肌にあまり良くないから塗らない方が良いと思っている方も多いと思います。

ですが、パウダータイプのファンデーションには紫外線を防ぐ効果もありますので、日中のお出かけの場合には、素肌での外出よりもむしろパウダーファンデーションを塗った方が紫外線防止となり、肌にも良いと言えるでしょう。
posted by hadakun at 11:32 | 原因

肌荒れの原因を知ることから始める

肌荒れを効率よく対策するためには、まずは原因をつきとめていかなければなりません。間違った改善をしても良くならないに決まっていますよね。

肌荒れが実際はストレスからきている体調不良が原因だったということを知らずに、化粧品が原因だと思い、化粧品を使わないようにしていても改善はされないということになります。まず肌荒れ原因をつきとめ、その後で最適な対策を施していきましょう。

寝不足やストレス、胃もたれや便秘、栄養不足など多くの原因が積み重なって、その影響が肌荒れへと出てくることはよくあることです。普段の生活習慣にも目を向けて見直していきましょう。

化粧品の場合、クレンジング料が肌への刺激がとても強いと言われています。
クレンジングは化粧品を落とすためにしますが、このクレンジング時に必要な水分や角質も落とす可能性が高いのです。

使っている化粧品をすべてを疑う前に、まず試しにクレンジング料を敏感肌用のクリームタイプに代えてみて様子を見るのも良いでしょう。もしかするとこれだけで肌荒れ原因が対策出来る可能性があります。

日焼け止めも紫外線をブロックする強い成分が含まれており、肌への負担が大きいようです。日焼け止め効果の高い化粧品や、ウォータープルーフタイプのものを使用されている方は、それが原因ということも考えられますね。

肌荒れの原因は色々考えられますが、原因が分らなければ対策はできません。まずは原因をつきとめましょう。
posted by hadakun at 10:52 | 原因
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。