乾燥肌とは

人の健康な肌には角質層におよそ30%の水分が含まれています。この角質層の水分量が30%を下まわってしまった状態が「乾燥肌」とされます。

特に冬などは外気が乾燥していて湿度が30%以下になってしまうと、この角質層から水分が蒸発しやすくなりますので、乾燥肌の状態になりやすいのです。

しかし人間の肌は、もともと水分を守るため保湿成分を持っているので、たとえ湿度が0%になった場合でも、保湿成分が働けば水分は蒸発しないはずですね。

ではなぜ乾燥肌になってしまうかと言うと、年齢とともに保湿成分を生成する力が低下してしまうのが原因となります。

また、間違えやすいのが、皮脂(油分)と水分の違いですね。油分が少ない肌が乾燥肌なのだということはないのです。乾燥肌の状態は肌の水分量が少なくなることで、油分が多い少ないと言うことではありません。

肌は脂っぽいのにカサカサ乾燥するという人も男性には多いのではないでしょうか。こんな症状は「オイリードライ」と呼ばれています。皮脂は多いのに水分量が少なくなってしまう肌のことです。

オイリードライは、にきびや湿疹など、肌荒れをおこしやすい症状だと言われています。オイリードライ肌の場合は、洗顔でしっかり皮脂を洗い落とし、その後十分な保湿成分を肌に与えるようにしましょう。

このような状態の肌を保湿するには、セラミドやヒアルロン酸を含有していて、油分が少ない化粧品を使用するのが良いようです。ただし、皮脂も水分も肌には必要な成分なので、バランス良くケアしていくことが肌荒れには有効でしょう。
posted by hadakun at 10:45 | 乾燥肌とは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。